• 9月 1, 2021
  • カリフォルニア州サンノゼ

主要なIT管理クラウドプラットフォームであるVistaraは、2017 Gartner Market Guide for IT Infrastructure Monitoring(ITIM)(1)に含まれることを発表しました。 マーケットガイドは、「多くの組織が、サーバー、ネットワーク、およびストレージシステム用の異なる監視ツールにI&O予算を浪費している」と述べています。 ガートナーは、新しいITIM製品が「ITインフラストラクチャ全体を監視できるようになり、ツールの展開に必要な時間を短縮し、構成、統合、テストの複数のサイクルを排除できる」と述べています。 Vistaraは堂々とこのカテゴリーに分類・掲載されていおます。

マーケットガイドは、主要な調査結果と推奨事項を提供し、市場とその製品についての理解を深めることを目的とした代表的なベンダーについて言及しています。 レポートでは、ITIMツール評価のいくつかの差別化要因は次のとおりであることが推奨されています。

  • 適切なサイズのソリューション-導入が容易で、可能な限り最も広範なインフラストラクチャ監視を提供するツールを選択します。 ツールが複雑になるほど、展開と構成に必要な労力が増えます。 ツールの展開に専門的なサービスが必要かどうか、およびツールを管理および構成するためのベンダートレーニングが利用可能かどうかを確認します。
  • 対象者向けに調整されたダッシュボード—動的ダッシュボード機能を使用して、ビジネスユーザーにビジネス中心のビュー、IT運用責任者またはCIOレベルにサービスレベルのビュー、IT運用チームに詳細なビューを提供します。

何千ものお客様が、受賞歴のあるVistaraのプラットフォームを使用して、一般的なIT運用機能を大規模に管理し、動的インフラストラクチャ全体の可視性と制御を推進しています。 ネイティブSaaSソリューションとして、Vistaraは、ポイントツールやカスタム開発に高額な投資をすることなく、可用性とパフォーマンス、資産管理、プロアクティブケア、自動化、およびリモートコンプライアンスを単一のプラットフォームで提供します。 これは、少ない作業でより多くのワークロードを実現するための最も簡単な方法です。

「ガートナーによるITインフラストラクチャ監視市場の最新の評価は、少ない作業でハイブリッドワークロード管理のリーダーとしてのVistaraの立場を証明していると信じています。」 Vistaraの製品管理担当副社長であるMahesh Ramachandranは言います。 「私たちは、データセンター、パブリック、プライベートクラウド全体でIT運用を一貫した方法で自動化する必要がある大手企業向けにVistaraを構築しました。ガートナーマーケットガイドに含まれていることは、革新的なIT運用プラットフォームとお客様に提供する効率性の証であると感じています。」

(1)Gartner、Inc。「ITインフラストラクチャ監視ツールの市場ガイド」、Pankaj Prasad、Will Cappelli、2017年6月6日。

ガートナーの免責事項

ガートナーは、研究出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨していません。また、テクノロジーユーザーに、最高の評価またはその他の指定を持つベンダーのみを選択するようにアドバイスしていません。 ガートナーの研究出版物は、ガートナーの研究機関の意見で構成されており、事実の表明として解釈されるべきではありません。 ガートナーは、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関して、明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。

ビスタラについて

2014年に設立された世界中の1,400以上の組織が、エンタープライズITの効率とシンプルさを推進する最初で最高のクラウドIT管理プラットフォームとしてビスタラを期待しています。 当社の運用ハブは、パフォーマンスと可用性、資産管理、プロアクティブケア、自動化、リモートコントロール、コンプライアンスをハイブリッド環境向けに構築された1つのエレガントなソリューションに統合し、少ない作業でより多くのワークロードを提供します。