コンテナ監視の利点

 

コンテナは、コードだけでなく、アプリケーションが実行する必要のあるすべての基盤となるサービスを含んでいるため、複雑なソフトウェアです。 他の最新のアプリケーションと同様に、コンテナ化されたアプリケーションは、コードと基盤となるサービスに変更が加えられて新しいデプロイメントが本番環境に導入されると頻繁に更新され、エラーの可能性が高まります。 コンテナの監視は、本番環境のコンテナ化されたアプリケーションにとって必須です。 主な利点は次のとおりです。

  • コンテナが本番環境に入る前に問題を特定することにより、停止を防ぎます。
  • コンテナのどの層で問題が発生しているかを特定します。
  • 異なるコンテナのクラスタ全体で問題を検出します。
  • コンテナーが異なるクラウド環境で同じように実行されることを確認します。
  • コンテナのオーケストレーションを管理して、最適なパフォーマンスを実現します。
クラウドに移行して一歩先を行く

OpsRampコンテナの監視

OpsRampプラットフォームは、ITチームが、オンプレミス環境とマルチクラウド環境全体で、個々のDockerホストやKubernetesクラスターなどのコンテナー化されたワークロードで実行されているアプリケーションの検出と監視をサポートするのに役立ちます。 Kubernetes管理者は、ビジネスアプリケーションをサポートするサービスについてより深い洞察を得て、次のような質問への回答を受け取ることができます。

  • コンテナ内のプロセスはどの程度応答しますか?
  • クラスターは正常で適切なサイズですか? より少ないノードを使用してアプリケーションを効果的に実行できますか?
  • 使用率の変化は、プロセスまたはアプリケーションに問題があることを示していますか?
  • サービスに到達できる時間の割合は何パーセントですか? キューにはいくつのリクエストがありますか?

リソース

OpsRampを使用して最新のクラウドネイティブサービスの可視性ギャップを埋める

 
ブログを読む

OpsRampがKubernetesワークロードの包括的な監視と管理をどのように提供するかをご覧ください。

もっと詳しく知る

OpsRampによるクラウドモニタリング

 
ブログを読む

OpsRampは、Amazon Web Services、Microsoft Azure、GoogleCloudなどの主要なクラウドプロバイダー全体で150を超えるサービスにクラウドモニタリング統合ソリューションを提供します。

もっと詳しく知る


OpsRamp統合

 
もっと詳しく知る

IT運用ツールからのイベントとチケットをOpsRampの事前に構築されたインテグレーション機能で統合し、ハイブリッドIT環境全体の可視性と制御を実現します。

もっと詳しく知る


よくある質問