OpsRampを使用してクラウド移行プロジェクトを管理すると、 より簡単にクラウドに移行するために必要なものをすべて入手できます

Cloud Monitoring

可視性

クラウド運用チームは、さまざまなビジネスユニットの Amazon Web Services Microsoft Azure 、および Googleクラウドプラットフォームのようなパブリッククラウド上のクラウドサービスを動的に発見しオンボードすることができます。

知能

OpsRampを使用すると、企業は 100以上のクラウドインフラストラクチャとプラットフォームサービスを包括的に監視し、マルチクラウドイベントを実用的な推論に関連付けて、迅速な解決のためにオンコールチームに適切なアラートを発することができます。

最適化

ITチームは、コンピューティングインスタンスのパッチの脆弱性を評価して自動的に修正し、オンデマンドのインシデント修正のポリシーを使用して、安全なリモートアクセスを確保できます。内部スタッフと外部スタッフの両方の監査可能なセッション記録を使用します。

クラウド移行前

計画を組み立て、進捗状況をベンチマークします。

OpsRamp - Service performance dashboard

移行フェーズをテナントとして追跡します。

OpsRampのマルチテナントおよびマルチティアSaaSアーキテクチャは、企業が、現在のIT環境と将来の状態のクラウド環境にまたがるクラウド移行イニシアティブの進捗状況とパフォーマンスを測定するのに役立ちます。

リソース管理を簡素化する

OpsRampは、ネイティブの監視エンジンとサードパーティのツールとの統合を通じて、ハイブリッドサービスとマルチクラウドサービスの両方の可用性を監視します。また、サービス中心のAIOps は、機械学習を利用したアラートの相関とエスカレーションにより、アラートストームを制御します。

OpsRamp - Service-Centric AIOps

クラウド移行

実行、テスト、追跡、および承認。

OpsRamp - Synthetic Monitoring

可用性とパフォーマンスの追跡

特殊なワークロード用のカスタム監視テンプレートは、インテリジェントなアラートを通じてリアルタイムのステータス更新と問題の迅速な検出を提供します。クラウドアーキテクトは、シンセティックモニターを使って、ビジネストランスアクションの全体のパフォーマンスを追跡し、パブリッククラウドにホストされているワークロードのサービスレベルを維持することが可能です。

OpsRamp - Service Maps

信頼できる唯一の情報源を維持する

企業は、直感的なサービスマップと動的ネットワークを使用して、移行中のビジネスサービスの可用性と稼働時間を測定できます。 企業は、直感的なサービスマップとITインフラの動的ネットワークトポロジーマップを使用して、移行中のビジネスサービスの可用性と稼働時間を測定できます。

クラウド移行後

監視、管理のその後

OpsRamp - Inference stats dashboard

サービスの稼働時間とパフォーマンスを保証する

クラウドチームは、関連するサービスマップを作成してビジネスユニットと共有できるため、彼らにとって重要なITサービスを監視できます。

OpsRamp - Cloud costs insights

家を整頓する

OpsRampの Discovery Profileエンジンは、一旦クレデンシャルセット、ポリシー、クラウドディスカバリースケジュールが定義されると、クラウドリソースをサービスグル​​ープに自動的に割り当て、クラウドワークロードを論理的に整理します。

リソース